韓国の餅って種類が多過ぎて、実は韓国に長年住んでいても、食べたことのない餅や、よく知らない餅があったりします。

その見た目は、すぐ餅とわかるほどに「餅」なのですが、日本の餅とは食感や味が微妙に違い、餅の種類や食べ方も異なっているので、似て非なるものと言えるかもしれません。

今回は、韓国入門のために知っておきたい韓国の餅!ということで、基本的な韓国餅を5種類と、韓国餅にまつわる豆知識を紹介したいと思います。



韓国で売られている様々な餅
떡떡
(原本へのリンク)



韓国の餅はどんなもの?日本の餅とはどこが違う?

餅は韓国語で「トック(떡)」で、単に「トッ」と表記することもあります。ただ、韓国の餅といっても、日本では餅料理であるトッポギ(떡볶이)くらいしか、一般には知られていないかもしれません。そう一般に韓国の餅というのは、トッポギの中に入っている、あの長くて細い白い餅です。

けれど韓国に住んでいると、マートでも、街中の市場でも、そして餅専門店でも、さまざまな種類の餅を売っています。もしすべての韓国餅の名前を知っていて、すべての味もわかるという方がいれば、もう既にかなり年季の入った韓国通であるはずですね!

韓国の餅は、大半がもち米ではなく、うるち米(※普通の米のこと)を原材料としているため、日本の餅に比べると、モチモチさがなく、あっさりしています。

ただ、韓国の餅の作り方にはいくつかバリュエーションがあり、餅に混ぜ込んだり、中に入れる材料もさまざまなため、それによって出来上がる餅も異なります。パンにたくさんの種類があるように、韓国の餅には多くの種類があるという感じです。



韓国の餅入門なら、この5種類!


カレトック(가래떡)

韓国の餅として入門中の入門と言えば、まずはトッポギに入っている、白い棒状の餅ではないかと思います。この餅のことを、韓国語では「カレトック(가래떡)」と言います。これをそのまま食べるのなら、その味はたんぱくで、大変あっさりしています。また、この餅を斜めに細くスライスすれば、トックク(韓国風の雑煮)に入っている楕円型の餅になりますが、これも実は同じ材料からのものになります!
가래떡
(原本へのリンク)


チョルピョン(절편)

餅を丸く細く伸ばす代わりに、平たく伸ばして、ひし形などの形にしたものが「チョルピョン(절편)」です。カレトックより少しモチっとしており、ごま油なんかが塗ってある場合もありますが、この餅も基本的にはシンプルであっさりとした味です。韓国のマートなんかで、よく見かけますね。

절편
(原本へのリンク)


ソンピョン(송편)

ソンピョン(송평)は、松餅のことで、ソンは松を意味しています。松葉を敷いて蒸して作る餅で、秋夕(チュソク)定番のお祝いの餅です。ただ、お店にも普通に売っているので、季節を問わずに食べることができます。

img39093221



シルトック(시루떡)

もち米粉を薄く伸ばし、蒸して作る餅が「シルトック(시루떡)」で、通常は小豆をまぶしたものです。シルというのは、韓国固有の蒸し器のこと。もともとはお祝いの食べ物だったようです。甘さは控えめですが、日本の餅に近い食感だと思います。
시루떡



チャプサルトック(찹쌀떡)

チャプサル(찹쌀)は、もち米のことですので、チャプサルトックは、直訳するともち米の餅です。つまり日本の餅と同じように思いますが、そのとおりで、日本植民地時代に伝わった大福餅がチャプサルトックなのだと言われています。

찹쌀떡
(原本へのリンク)



韓国餅の上級編!?

韓国の餅、だんだん難しくなっていきますが、どれだけご存じでしょうか。ちなみに私は、ほとんど、うる覚えか知らないものばかりで、餅の名前を聞かれてもすぐに答えられません^^。

  • ムジゲトック(무지개떡):虹餅
  • インジョルミ(인절미):きなこ餅
  • キョンダン(경단):団子形の餅
  • ケピトック(개피떡):半月状の餅
  • コントック(콩떡):大豆餅
  • クルトック(꿀떡):蜜の入った小餅
  • プピョン(부편):甘い材料の入った小餅
  • ファジョン(화전):花の模様をあしらえた平餅
  • カムジャトック(감자떡):ジャガイモの餅


韓国餅のあれこれ豆知識!

トッポギに入っているのは、実は小麦粉の餅かも?

韓国の餅料理代表と言えば、トッポギですが、実は米原料の餅の代わりに、小麦粉原料の餅が使われ、よく売っています。米の餅はサルトック(쌀떡)と言いますが、小麦粉の餅はミルトック(밀떡)と言います。小麦粉のトッポギの方が少し安めですが、私はこちらの方が食べやすいく、どちらが美味しいかと問われれば好みかな、と思います。

떡볶이
(原本へのリンク)


韓国でも餅料理の定番は雑煮(トックク)!

韓国にも餅を使った定番料理は雑煮で、韓国語では餅のスープという意味で「トックク(떡국)」と言います。韓国のソルラル(旧正月)にはトッククを食べるほか、街中の専門店なんかでトッククを食べることもありますので、日本の雑煮よりは食べる機会が多いように思います。

떡국
(原本へのリンク)


ホットック(호떡)は餅?それともパン?

最後に紹介するのは、日本でもだいぶおなじみになったホットク(호떡)です。中に甘い餡の入ったお菓子ですが、名前に「トック(떡)」という言葉が入っていることから、韓国でもホットクは餅なのかパンなのか?、と言われることがあります。一応、小麦粉の入った材料を油で焼いているので、一説ではパン?なのだとか。

호떡




ブログランキングに参加中です!
↓のリンクを1日1回ポチっと応援して頂けると、ランキングに反映され嬉しいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村