<#-- LinkSwitch -->

韓の風に乗って~韓国情報ブログ〜

韓国在住11年の筆者が、韓国の生活/観光/文化/歴史/ドラマ/韓国語などの情報をお届けしています。

韓の風に乗って~韓国情報ブログ〜 イメージ画像
日韓の往来がコロナで難しくなっている中、一日も早く回復する日を願いながら、記事を書き溜めていきたいと思います。

李氏朝鮮

徳寿宮(덕수궁、トクスグン)は、19世紀末の李朝末期の時代、朝鮮第26代王である高宗(고종、コジョン)が建国した大韓帝国の歩みとともにあった王宮です。このため、この王宮の敷地内には近代建築の建物が残り、ソウル市内の他の王宮とは異なる独特の雰囲気があります。
『李朝末期の高宗の願いが宿る「徳寿宮」を解説!』の画像

ソウル市内を流れる川と言えば今でこそ漢江(ハンガン)ですが、李氏朝鮮の時代(1392年〜1910年)、その首都・漢城(現ソウル)を流れる川は清渓川(청계전、チョンゲチョン)でした。現在のソウルの中心部を流れる清渓川は、今でこそきれいに整備されて市民の憩いの場とな
『復元された「清渓川」の今と昔。清渓川博物館も紹介!』の画像

ソウルから南へ電車で1時間ほどの水原(スウォン)市には、朝鮮王朝後期に造られた都城「華城(ファソン)」があります。その城郭は全長5.7kmであり、城郭に沿って歩くことができます。世界遺産に登録されているだけあって、観光地として優れた建築美を備えているだけでなく
『正祖が造った城郭都市「水原華城」とは?観光に行く前に知っておきたいことを紹介!』の画像

ソウルにある5つの王宮の中で昌徳宮(チャンドックン)の陰に隠れて、行かずじまいになりやすい宮殿、それが昌慶宮(チャンギョングン)かもしれません。もともとは、正宮の景福宮(キョンボックン)に対して、東方の離宮として昌徳宮が作られ、さらにその東隣りに造られたのが
『「昌慶宮」は昌徳宮につながる東向きの王宮!』の画像

仁川(インチョン)といえば、仁川駅のすぐ東側にある中華街、チャイナタウンが有名です。けれど、約130年前に思いを馳せてみると、その一帯は、仁川が開港し、その直後から日本人や外国人が住み始めた租界でした。現在、「開港場」と呼ばれるこの租界エリアは、当時の近代建
『仁川の開港期と都市形成の時代 〜仁川の「開港場」に行く前に知っておきたいこと!〜』の画像

ソウルには、李氏朝鮮時代に造られた5つの古宮があります。その中で、おすすめ観光スポットの最有力が景福宮であるとしたら、次点は昌徳宮(창덕궁、チャンドックン)といえるかもしれません。自然豊かな韓国唯一の宮廷庭園として有名であり、ユネスコ世界文化遺産にも登録
『ソウルの王宮の本当の実力者は「昌徳宮」!』の画像

韓国の伝統的な陶磁器として、高麗の青磁と李朝の白磁がよく知られています。ただし、これらの陶磁器には、時代により、また作られた場所(窯元)により、多種多様なバリエーションがありました。 私は、どちらかと言えば白磁の方が好きです。白磁には、簡素かつ潔白で、そ
『韓国の陶磁器「白磁」の魅力を解説!』の画像

ソウル観光の定番コースといえば、ソウル最大の古宮である景福宮(キョンボックン、경복궁)は欠かせないでしょう。今回の記事では、景福宮についてご紹介します。 景福宮に行く前に知っておきたいこと! 景福宮は、李氏朝鮮時代の中心となった王宮であって、韓国の原
『ソウル観光の定番「景福宮」へ行こう!』の画像

↑このページのトップヘ